2020.05.22

絶対2度見する軽トラカスタム! これでノーマル車高とはホントなのか?

SUZUKI SUPER CARRY スズキ・スーパーキャリイ

足回りはノーマルだから乗り心地も実用性も良好!

はろーすぺしゃるの街道レーサー風のド派手なカスタムアプローチは、日本のみならず海外でも評価が高く、パーツの引き合いが絶えない。抜群の存在感が自慢のワイド&極底スタイルが、強いインパクトを放つ。

このデモカーは2020年のオートメッセでも披露されたスーパーキャリイ。オリジナルエアロをフル装備した後、ゴールドのラッピングを施した。

一見するとルールとは無縁のカスタムにも思えるが、このスタイルには、はろーすぺしゃるが独自に定めた2つの「掟」が存在する。


極低スタイルの詳細はこちら

ひとつめは「最低地上高は90㎜以上を確保する」こと。これは道路運送車両の保安基準第3条を満たすための施策で、違法改造とならないようにしたもの。同社のエロアはノーマル車高でありながら低く見えるデザインを構築している。

サイドパネルの形状であったり、フロントスポイラーの角度や大きさ、さらにはオーバーフェンダーのタイヤへの被せ具合などによって低く見せているということなのだ。

そもそもこのキャリイがダンパーもスプリングもノーマルであるとは、一見しただけでは誰も気づかないだろう。日常使いも、長距離移動も楽々なのも足がノーマルだからこそである。

掟のふたつめは、近接排気音規制をクリアすること。これまではろーすぺしゃるが開発してきたデモカーの多くは、ノーマルマフラーのままであることが多い。それは、やんちゃなスタイルを正々堂々と思う存分軽トラファンに楽しんでほしいとの思いがあるからだ。



またこのデモカーでは、オーバーフェンダーによるワイド化も構造変更で公認登録としている。ヤンチャ仕様だけど快適な走りを楽しめるのは、様々な開発努力の結集なのである。

数々のヤンチャスタイルと向き合ってきたはろーすぺしゃるの小田さんが、軽トラ向けのヤンチャスタイルの実現で念頭に置いていたのが、最低地上高90㎜(足回りに手を加えない)を確保するエアロパーツの開発だった。エアロパーツで低く見せているので、乗り心地はノーマルに準じたものとなっており、自走式の立体駐車場や踏切への進入は、ローダウン車あるあるの気遣いは無用で楽しめるのだ。


デモカーのスーパーキャリイに履かせたホイールは、深リムのエイトシックスシリーズ。フロントが14×7.0J(タイヤ:155/55R14)、リアが14×10J(タイヤ:225/40R14)となる。オーバーフェンダーが絶妙にかぶるようにタイヤは引っ張り履きだ。


インテリアの雰囲気が一新するパーツも豊富に取り揃えている。3Dインテリアパネル14P・黒ウッド調(55,000円)。3Dインテリアサイドパネルカバー5ピース(55,000円)。


シートカバー旧車風(33,000円)。ハコスカなど、旧車の純正シートを彷彿させるはろーすぺしゃるオリジナルのシートカバー。シート表皮のホリゾンタルラインとボビンが旧車テイストを盛り上げる。脱着はとても簡単。


★エクステリアパーツ
ビリキーノスペシャルフロントバンパースポイラー(66,000円 ※メッキグリルとパンチングネットとフォグランプは別売)
ワイパーガード(33,000円)
ブリスターキット専用フロントフェンダー(55,000円)
ブリスターフェンダー(132,000円)
サイドステップ(38,500円)
スペシャルリアバンパースポイラー(55,000円)
ミラー根元メッキカバーセット(27,500円)
エイトシックスホイール(7.0J=27,500円/本)
エイトシックス 極太 ホイール競技用(10J=77,000円/本 ※センターキャップ別売)

HELLO-SPECIAL(はろーすぺしゃる)
☎0774-65-5095
http://hello-special.com

■写真/浅井岳男 ■軽トラ CUSTOM Magazine VOL.7 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING