2020.05.19

RAV4をこのホイールでイメチェン! ゴツゴツ感と軽快感を同時に実現!

TEAM DAYTONA NTD.5

設計・開発・製造・検査・出荷という、ホイールにまつわるすべての工程を自社で担う“メイド・イン・ジャパン”のホイールメーカー「RAYS(レイズ)」。中でもいい意味で異彩を放っているのが、4WD&SUVブランドの「TEAM DAYTONA(チームデイトナ)」だ。今や20以上のホイールラインナップを誇っているが、それらは明確に装着ターゲットを絞った車種専用設計である。

そんなコンセプトで2020年も新ホイールを続々と生み出すチームデイトナ。とくにRAV4を含むミドルSUVに向けた5穴モデルへの注力は目覚ましい。そのひとつが最新作「TEAM DAYTONA NTD.5」だ。

最新作NTD.5のディテールはこちら

ディッシュともツインスポークとも言えるディスクデザインは、4WDホイールのスタンダードであるいわば“レンコンデザイン”を踏襲しているが、そこからさらに現代にふさわしい新しいスタイルを生み出していることが最大の特徴だ。デザインのモチーフにはハニカム構造を採用し、極めて立体的にそして多面的に構成することで、そのフォルムはタフでありながら、スポーティさもある。


エッジを効かせて、技巧を凝らした複雑なスポーク形状により、斬新なハニカム構造をデザインに移植。スポーク天面にダイヤカットを施すことで、タフなイメージのディスクがまるで浮かび上がるように見えてくる。


センターパートからスポーク天面まで3次元的に立ち上げられて多面形成されたディスク、ビードロックリングをイメージさせるリムフランジ部のアンダーカット加工、リバースリム形状の採用などにより、ホイールの奥行き感と立体感を徹底的に追求。


ブランドロゴのような繊細なデザインを三次元曲面上にも切削で再現することのできるレイズの独自技術であるA.M.T.(Advanced Machining Technology)により、高級感と立体感を追加。

TEAM DAYTONA NTD.5 for RAV4
●サイズ:18×7½J
●HOLE-P.C.D.:5H-114.3
●インセット:38/45
●価格:¥51,000/本(税別)
●カラー:セミグロスブラック/ディスクダイヤモンドカット(N1)
●仕様:鋳造1ピース・リバースリム構造
●規格:JWL+Rスペック1規格適合
●付属品:センターキャップ、バルブ

●撮影車両:群馬トヨタ/RVパーク(https://www.gtoyota.com/rvpark/
●ホイール:TEAM DAYTONA NTD.5 ●ホイールカラー:セミグロスブラック/ディスクダイヤモンドカット
●ホイールサイズ:18×7.5J インセット38/5H-114.3 ●タイヤ:TOYO OPEN COUNTRY R/T(225/60R18)

RAYS レイズ
☎06-6787-0019(レイズユーザーダイヤル)
https://www.rayswheels.co.jp

■レッツゴー4WD 2020年6月号掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING