2020.05.19

RAV4にスポーティ&優雅さをプラスしてスマートに街を走る!

KADDIS AR4 RAV4

SUVカスタムのカリスマショップのひとつであるロードハウスでは、アグレッシブなエクストリームと、ノーマルの良さを損なわずさりげない個性を引き出したAR4という、異なる方向性を目指した2通りのカスタムスタイルを提案している。

ここで紹介するAR4スタイルのRAV4は、スプリングの交換でさりげなく1インチリフトアップ。オーバーフェンダーを追加してボディサイドにメリハリを与え、ノーマルよりもワイドなタイヤを装着。敢えて16インチにダウンすることでSUVらしさを強調するように思うが、今回撮影で出向いた河原などでは大径ホイールでない方が安心して走れる。

RAV4はチョット変えるとスゴく変わる

クルマとしての機能や機動力をスポイルせず、むしろそれを引き出すのがロードハウス流のアレンジ。単なるドレスアップではなく、オン/オフを問わず、ユーザーが実際に使うことを考慮したカスタムだ。

KADDISのエアロボンネットは、素材にFRPを採用しており、ノーマルよりも軽く回頭性の良さが感じられる。ボンネット中央に大型のインテークが設けられ、その横に縦長のスリット形状のダクトが設置され、エンジンルームの中の熱を効率的に排出する。



アドベンチャー向けとは異なるAR4オーバーフェンダーを専用設計。フロントは片側30㎜ワイドとなり、立体感を感じさせてくれるアイテムだ。


ワイド化に合わせて、タイヤを245/70R16のATに変更し、ホイールにブラッドストック1ピースをセット。専用マッドフラップも用意されている。


リアウインドーの下に追加し、立体感を強調させるリアゲートスポイラー。リアのコンビランプに沿うデザインで、コンパクトだが存在感を主張する形状だ。


オリジナルのアップコイルで1インチリフトアップを実現。車高を上げることでタイヤの選択肢が広がり、デモカーには16インチのAT KO2をセット。サイドウォールの面積を増やすことで、河原やダートなどを安心して走行できる。

●KADDIS(カディス)は、ロードハウスが展開する総合パーツブランド。内外装や足回り、吸排気系や便利アイテムなど、トータルで4WD&SUVをカスタムできるアイテムを取り揃えている。

★装着パーツリスト(価格は税別)

●タイヤ&ホイール
 BFGoodrich オールテレーン T/A KO2(LT245/70R16) オープン価格
 BloodStock 1Piece MATTE BLACK MILL(16×8.0J+13) ¥38,000/本

●サスペンション
 KADDIS アップコイル ¥45,000

●エクステリア
 KADDIS AR4オーバーフェンダー(G“Z package”/ G / X用) ¥58,000
 KADDIS エアロボンネット ¥98,000
 KADDIS AR4リアゲートスポイラー ¥28,000

●インテリア
 KADDIS ドアハンドルポケット ¥6,000

ROADHOUSE ロードハウス
☎048-963-7600
https://www.roadhouse.co.jp

※ロードハウスによるエクストリームRAV4についてはこちら
https://automobilesjapan.com/articles/detail/654

■写真/浅井岳男 ■レッツゴー4WD 2020年6月号掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING