2020.05.17

ブランド初! レーベンハートがSUV向けホイールにビードロックデザイン

●ホイール:LOWENHART GXL206 20×8.5J インセット10 グロスブラック×ミーリング ●タイヤ:TOYO OPEN COUNTRY A/T plus(LT285/50R20)

LOWENHART GXL206

ビードロックをイメージするダミーピアスやブラック×ミーリングカラーによるタフなイメージで、4WD&SUVの持つオフロードテイストをロードモデルへ注入したクロスオーバーモデル「GXL206」。写真のランドクルーザープラドを見ていただければ、このホイールにより洗練された雰囲気の中にも力強さを秘めているのがお分かりいただけるだろう。

ビードロックデザインは現在のSUV向けホイールの一大トレンドであり、ワイルドなイメージを強調するためのデザインアイコンとなっている。レーベンハートブランドもSUV向けホイールを強化中だが、ビードロックデザインを採用するのはこのGXL206が初めてのこと。しかしそこはレーベンハート。GXL206は全体として見れば単なるワイルド系デザインではない。

ワイルドかつ洗練されたディテールはこちら

左右で異なる長さの非対称スポークで、躍動感をデザイン。スポーク自体はそれほど太くないが、造形と曲げ処理、マシニング加工によるダミーピアスボルトなどで力強さが醸し出されている。しかし一方で、全体としては洗練度の高い造形として仕上げられているのがレーベンハートらしところ。ちなみにこのスポークデザインは、ホイールに掛かる負荷を均等に分散させることが難しい形状ではあるが、これまでレーベンハートが培ってきた緻密なデザイニングと完璧な強度解析によってこのフォルムを実現させている。

サイズは2種類を設定した。ランドクルーザープラド150の足もとをドレスアップする定石サイズとしてすっかり定番となった20インチ(車両に装着)と、新世代オフロード系レーベンとして、オフロードタイヤとの組み合わせを念頭に入れた17インチが用意されている



ホイールセンターは、非対称スポークを際立たせるデザインを取り入れた専用カバーが装着される。リムには、スポークに施したミーリングで、ブランドロゴやダミーピアスをデザインしている。

なお、GXL206は好評につき、16インチや5穴モデルなども含めたサイズバリエーションが追加され、ランドクルーザー以外の車種にも対応可能となった。詳細はレーベンハートのウェブサイトで。

●サイズ:17×8.0J(6H/20)、20×8.5J(6H/10,20)
●カラー:グロスブラック×ミーリング
●仕様:鋳造1ピース
●規格:JWL、JWL-T
●付属品:エアバルブ、センターキャップ
●価格:40,000円〜55,000円(税別)


共豊コーポレーション
☎0120-96-5553(KYOHOオペレーションセンター)
http://lowenhart.jp

■LAND CRUISER CUSTOM BOOK 2020 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING