2020.05.17

RAV4がオフローダーに大変身! イメージを一変させるカスタム術

●ホイール:kmc KM721 ALPINE(16×7.0J インセット15/5H-114.3) サテングレー with ブラックリップ ●タイヤ:BFGoodrich All-Terrain T/A KO2(LT245/75R16) ●車両:RAV4/オートフラッグス(http://www.autoflags.co.jp)

「デリカにこだわる」で有名な北九州市のプロショップであるオートフラッグスが、RAV4にもこだわってみることにしたようだ。

このRAV4は、オートフラッグスの施工により、アメリカREADY LIFT社製のリフトアップキットで2インチアップ。このキットはスぺーサータイプのリフトアップキットで車両への大がかりな加工は不要、ボルトオンで非常に簡単に取付けが可能となっている。

ホイールは16×7.0J+15、そしてタイヤがLT245/75R16というチャレンジングなサイズでのマッチングとなったが、ご覧の通り、抜群の収まりを披露。アメリカ製の2インチアップサスキット「ReadyLIFT 2.0" SST LIFT KIT」の装着や足回り補正のみで、オーバーフェンダーの追加もなく、この“ファットタイヤ”スタイルが手に入るのは驚きだ。

デモカーとホイールの詳細はこちら

装着したホイールは2020年の最新作として好評の「KMC KM721 ALPINE(アルパイン)」。シンプルながらワイルドな星形の5スポークホイールだからこそ、ディスクデザインの力をより強く感じることができるのだ。そしてマッチングしたオールテレーンKO2タイヤによって、このツライチ・マッチョ感を披露。まさに憧れたアメリカンスタイルだ。



さらにオートフラッグスならではのアイデアで、デリカD:5で大ヒットのバンパーガード&スキッドプレートのGOQBUTO-Rを試作的に実装。加えてこちらも開発中だがマセラティのSUV「レヴァンテ」のパナメリカーナグリルがモチーフのオリジナルのフロントグリルも装着してある。

オートフラッグスのカスタムは、単なるドレスアップにとどまることはなく、それが走りの機能アップにもつながっているのが「こだわり」であり、今回のRAV4もそうした流れの中で製作されたものだ。

さて、このRAV4のもうひとつのポイントであるホイールについて解説しよう。

圧倒的なブランド力、迫力のスタイル、4WD&SUVカスタムの本場であるアメリカのユーザーが認める確かな性能など、誰しもが一度は憧れるUSオフロード系ホイールの「kmc Wheels」。

■レッツゴー4WD 2020年6月号掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING