2019.06.21

強烈な個性は世界でも唯一無二の存在

HUMMER H2

ハマーH2
製造モデルイヤー:2002~2009y

発売当初、世間一般のアメ車に対する注目度を一気に上げてくれたのが、このH2だった。アメ車の何たるかを知らなくともH2だけは知っている人がたくさんおり、一時期は都内の道路のいたるところにH2が走っているのが見られた。

「HUMMER」という名前は以前から知られていた。例の中東湾岸戦争で多国籍軍(アメリカ軍)の上陸部隊が砂漠戦で使用していたHMMWVがテレビのニュースで放映されたのを見て、映画俳優としてトップスターだったアーノルド・シュワルツェネッガー氏が「あれが欲しい」と言って市販を実現させたなどという話も伝わっていた。

しかし「HUMMER H2」はゼネラルモーターズから発売された。「HUMMER」の版権をメーカーであるAMゼネラルから譲り受けたのだと言われた。1992年モデルから市販されていたHUMMERは、確かに魅力的なクルマではあったものの、所有するクルマとして現実的だと思える人は多くはなかった。

そこでGMは、そのHUMMERのアイデンティティであるディテールデザインを抜き出してGM製フルサイズSUVに与えることにより、H2なるクルマを造り上げた。すると、一般のユーザーにとって購入・所有へのハードルが一気に下がったのだった。今までにないタイプのクルマとして、世界中で人気に一気に火が付いた。

日本でも、GMジャパンに比べて進取の気性に富む三井物産オートモーティブが正規輸入元として名乗りを上げ、2003年2月から発売を開始した。と同時に、それまではアメ車などにまったく興味を持たなかった層がH2には興味を示し、実車を見て、買っていくということが相次いだ結果、日本でも間違いなくハマーブームといえる状況が現出した。

■アメ車マガジン 2018年3月号 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING