2020.05.14

M/Tのゴツさに加えてA/Tの性能を持つ進化型「WILDPEAK A/T3W」

RAV4 on LT225/75R16
【WILDPEAK A/T 3W】


低燃費タイヤからモータースポーツ向け、さらに4WD・SUV対応モデルまで、様々なカテゴリーのタイヤを展開する、住友ゴム工業のグローバルブランドである「FALKEN(ファルケン)」。近年では、4WD・SUV専用「WILDPEAK(ワイルドピーク)」シリーズが日本でもリリースされることとなり、本誌でも朗報として、その魅力を伝えてきた。
WILDPEAKシリーズには、マッドテレーンタイヤの「WILDPEAK M/T01」、そしてオールテレーンタイヤの「WILDPEAK A/T3W」といった2種を展開しているが、今回はデビュー以来スマッシュヒットを続けている新型RAV4にA/T3Wをフィットさせ、そのパフォーマンスを改めて検証してみた。



装着したサイズはLT225/75R16。RAV4“Adventure”グレードの純正サイズ=235/55R19から比べると実に3インチの“インチダウン”だが、外径自体はほぼ同等。16インチホイールが履ける、ということはその選択肢も広がって、実にありがたい。

◆ラギッド&リジッド トレッドブロック



A/Tタイヤとしては大きめなブロックを持つ。その端には階段状の傾斜が施され、パターン剛性を向上。オフロードでは排石性・排土性を高め安定したグリップを生む。


◆3Dキャニオンサイプテクノロジー



ブロックには一般的なスタッドレスタイヤにも使われる技術、3Dサイプを応用。ブロックの倒れ込みを抑え、ドライ路面でのハンドリング、ウェットでのエッジ効果を発揮。


◆アグレッシブアッパーサイドウォール



タイヤサイドには彫りの深いブロック形状を採用。鋭利な石などによるタイヤカットを防ぎながら、深い泥でのトラクションも生み出す。アグレッシブなルックスも演出。


◆シリカ トレッドコンパウンド



「WILDPEAK A/T 3W」の特徴は、専用開発された「シリカトレッドコンパウンド」で、ライフ性能とウェット性能を高次元で両立していること。トレッドデザインはオールテレーンというより、荒々しいブロックが並ぶマッドテレーンに近く、サイドウォールのデザインと合わせ、ラフロードでのトラクション能力の確保や、ワイルドなルックスの演出にも一役買ってくれる。




RAV4純正の19インチでは、岩がゴロゴロするガレ場や河原といったシーンには踏み込むのを躊躇する。しかし今回装着したA/T 3Wは16インチ(車高変更なしでも履ける)。ハイトも高く、LT規格ならではのタイヤ剛性の高さがあるので、荒れた路面にも安心して踏み込める。




A/T 3WはLT(ライトトラック)規格、またはエクストラロード規格となる。言わば、高負荷にも耐えうる丈夫なタイヤ、というわけだが、これらは一般的にはモノコックフレーム採用のSUVとの相性は良くない。しかしA/T 3Wのオンロードでの乗り味はスムーズで良好、ロードノイズもほとんど気にならない。これは比較的柔らかいトレッドと剛性の高いサイドウォールのバランスが優れているためなのだ。
クロスカントリーラリーでの活躍、本格オフローダーへの純正採用など、北米市場で絶大な人気と信頼を集める「FALKEN」。日本を走る4WD・SUVにもその実力は如何なく発揮されていた!


■住友ゴム(FALKEN)

https://www.falken.co.jp/

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING