2020.05.13

ランドクルーザー100のハイセンスな全身レトロカスタムに乗る!

FD-Classic100 WOODY CRUISER

クラシックなフロントマスクとオシャレな佇まいに、現代的スペックの機能性や高いパフォーマンスと充実の装備類を誇るランドクルーザー100。これはフレックス・ドリームからの“FD-クラシック”という提案なのだ。

ポイントは丸目ヘッドライトへの換装だが、このヘッドランプやフォグランプはIPFのLEDを採用して安全面にも配慮。さらに魅力を高めてくれるのが、サイドのウッドデカール。クロームフレームと合わせてクラシックテイストを存分に演出する。

フロントマスクでは、TOYOTAオールドロゴのエンブレムを装着したグリルやライトガーニッシュをLINE-Xで塗装。また、ルーフやサイドオーニングは、同社が日本正規輸入元となる海外の高品質4WDパーツであるARB製を装着して実用性も高めているのも特徴だ。

クラシカルな内外装の詳細はこちら

足回りは同じくARB製のオールドマンエミューによって3インチアップを実施。トーションバーも含め、ランドクル100専用設計なので操安性や快適性にも優れている。この車高だから合わせられたタイヤは255/85R16のオープンカントリーM/T。

一方ホイールはテッチンのようなレトロ感満載のフレックスドリームオリジナルの“FDクラシック”をチョイス。ボディ同色に合わせることで統一感も生み出した。

一方インテリアでは、フレックス・ドリームでも人気の高い“ペンドルトン”の新作コラボアイテム「サコッシュ」に注目。バッグとして使えるだけでなく、ヘッドレストに取り付けると後席の利便性とオシャレな雰囲気がアップする。さらにペンドルトンファブリックで切り返したシートカバーやドアパネルもクラシックな装いだ。



クラシックテイストでカスタムされたFD-クラシック100は、これからランクルを選んで乗ろうとしている、そんなユーザにオススメのカスタムランクルなのである。

特徴的な丸目のヘッドライトとグリルを採用するFD-Classic。「TOYOTA」ロゴのグリルとセットで装着することでレトロかつクラシックなフロントフェイスとしている。なお、ヘッドライトライトはオリジナルのガーニッシュでスマートにインストール。このクラシカルな雰囲気こそフレックス・ドリームが提唱するFD-Classic。100系のほか80系や90プラドでもこのスタイルは注目だ。


ヘッドライトライトのガーニッシュやグリルの独特の質感はLINE-X塗装によるもの。これは米軍と米政府が唯一認めた防護用塗料で、米国防総省や原子力発電所で使用されるなど、その実績は数知れない。強度だけでなく柔軟性もあり耐久性も高まる。その性能からUSトヨタで純正オプション設定されるなど自動車業界でも広く使用されている。もちろん、このハードなテイストはドレスアップ効果もバツグンだ。


タイヤはアグレッシブなパターンながらオンロードでも安定性や静粛性の高いオープンカントリーM/T。ホイールはフレックスドリームオリジナルのレトロテイストホイール「FDクラシック」をボディ同色にペイントして履いている。

■レッツゴー4WD 2020年6月号掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING