2020.05.05

ジープのポテンシャルを正常進化させたこれが正統派オフロードスタイル

JK Wrangler Unlimited


1982年の創業から四輪駆動車一筋、国内はもちろん数々の海外ラリーやトライアル参戦で培ってきた経験、長年蓄積してきた豊富な知識と技術を製品開発にフィードバックする神戸の老舗がモトレージ。これまでパフォーマンスアップや機能性に優れたアイテムを数多くリリースしている。

オフロードを熟知し、オンロードの快適性に対してもこだわる貪欲なユーザーを満足させるべく、ニーズに合わせた的確な足造り、そしてヤンチャなスタイルとは一線を画す、大人が街で堂々と乗ることができ、さらには本気で走ることを楽しめる正統派オフロードスタイルだ。

本気で走るためのパーツはこれ!

無理のない上げ幅、車高に対してのストローク量やタイヤサイズ選定、制動力強化までを熟知しているからこそ可能とする、老舗ならではの理にかなったカスタムに注目したい。

今回の撮影車両となったJKラングラーは、TERRAサスペンションキットで約3.5インチのリフトアップを施し、レイズのFD-X-7 17インチホイールにBFグッドリッチ マッドテレーンKM3(295/70R17)を履きこなす。

乗降性の負担が少ないステッププレートの装着や、ストローク量を確保しながら任意で減衰力のダイヤル調整が可能なRanchoショックに換装するなど、オフロードのみならず普段乗りでの快適性までを考慮。撮影車には装着されていないが30㎜と50㎜のワイドフェンダーもリリースされている。


過激なオフロードシーンでもアプローチアングルを確保するグリルガード一体式のフロントバンパー。


アースカラーのベージュにマッチする深みのあるマットブラックのリムはRAY`SのFD-X-7 +40の17インチで無理のないリムサイズにBFグッドリッチKM3の295/70R17を組み合わせ、純正フェンダーでスマートに履きこなす。


オリジナルのステッププレート。踏み外しや滑りを縞板で抑制することで、リフトアップ車でも安全に乗り降りできる。


TERRAサスペンションキットで約3.5インチリフトアップ。上げ幅としては控えめながらオフロードの走破性、そして街乗りでの快適性を考慮したセッティング。地面からフロアまでの距離感は、大人が乗り降りするのに不便を感じさせない上げ幅となっている。


ブレーキペダルはブラック・シルバーの二つがリリースされており、アクセルペダル延長キットと組み合わせることで最適なポジションでペダル操作を可能にする。

★装着パーツリスト


SUSPENSION
◇TERRAサスペンションキット 約3.5インチUP

EXTERIOR
◇モトレージ製ステッププレート ブラック

INTERIOR
◇アクセルペダル延長キット 25mm延長
◇ブレーキペダル

TIRE&WHEEL
◇BFグッドリッチM/T KM3 
295/70R17
◇Ray’s FD-X-7 7J17+40


MOTO RAGE モトレージ
https://www.moto-rage.co.jp
☎078-811-2884


【期間限定無料!】ジープカスタムブック今だけ無料配信中!
ここで紹介したJLラングラーを含むジープの最新情報を満載した「Jeep CUSTOM BOOK」最新刊Vol.6の電子版を、276ページ全編まるごと無料配信中! ゴールデンウイーク期間中(5/11まで)限定なので、今スグamazon.co.jpへ!

■Jeep CUSTOM BOOK Vol.6 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING