2020.05.04

JLラングラーをハイセンスに! ノーマルっぽいけど絶対カッコイイ!

愛知県内に店舗を構えるプロショップ「LION HEART(ライオンハート)」がラングラーに施すカスタムは極端なものではなく、普段使いにちょうど良く、それでいて明らかにノーマルよりもカッコイイというあたりのチカラ加減が魅力だ。

JL Wrangler Unlimited SPORT カスタムパッケージ

この撮影車両はJLをベースとしたライオンハートによるカスタムパッケージ。パッケージのコンセプトは、“やりすぎないスタイリングの提案”というもの。スタイリッシュかつ実用性も備えたコーディネイトに定評のあるライオンハートならではのカタチだ。

ハイセンスなカスタムの詳細はこちら

リフトアップが行なわれ、オーバーフェンダーおよび大径タイヤが装備されているのでカスタムされていることは明らか。しかし、パッケージの素晴らしさを実感するのはノーマル車両と比較した時。それだけパーツを厳選し、ハイセンスなコーディネイトをしているということ。ここでパーツ選択の妙を実感して欲しい。

ライオンハートはアメ車を得意とするショップで、アメリカ本国で行なわれている流行のカスタムには敏感だ。ただし、アメリカでの流行をそのまま持ってくるのではなく、オシャレなアレンジを加えてカタチにするのがライオンハート流なのだ。

もちろんカスタムだから、要望があればどのような形にも仕上げることはできるわけだが、ここで紹介したようなオシャレなラングラーに心惹かれる人ならば、まずはライオンハートの提案に乗ってみるのが良いだろう。


本国トレンドをいち早くキャッチする同社が、今トレンドとしているパーツがスミッティビルトのバンパー。ビジュアル面はもちろん、オフロードでのポテンシャルもアップ。


実はこのワイドフェンダーは、フェンダー自体はノーマルのものだが、ボディとフェンダーの間にスペーサーの役目を果たすスペーサーKITをはさみ込むことでワイド化を実現している。そこには「どうせワイド化するなら徹底的に」というような感情的な動機はない。あくまでも出来上がりをどうカッコ良く見せるかが重要なのだ。

これまでライオンハートがラングラーに施してきたカスタムは、正規輸入でこんなのあったらいいな、という思いを具現化したものだという。例えば、ノーマルフェンダーを使ってオーバーフェンダー化するなどもその表れと言えるだろう。


足回りはラフカントリーの3.5インチアップキットでリフトアップ。フェンダースペーサーKITとの組み合わせで35インチタイヤのインストールを可能としている。

★装着パーツリスト

SUSPENSION
◇Roughcountry 3.5inch リフトアップKIT

EXTERIOR
◇SMITTYBILT XRC GEN2 フロントバンパー
◇ヘッドライト、フォグランプLED
◇CROSS 50㎜ フェンダースペーサーKIT

TIRE&WHEEL
◇RUGGEDRIDGE(17×8.5J)
◇YOKOHAMA GEOLANDAR M/T(35×12.5R17)


LION HEART ライオンハート
https://www.lionheart2005.com
☎0586-67-1711


【期間限定無料!】ジープカスタムブック今だけ無料配信中!
ここで紹介したJLラングラーを含むジープの最新情報を満載した「Jeep CUSTOM BOOK」最新刊Vol.6の電子版を、276ページ全編まるごと無料配信中! ゴールデンウイーク期間中(5/11まで)限定なので、今スグamazon.co.jpへ!

■Jeep CUSTOM BOOK Vol.6 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING