2020.05.04

デリカD:5を4インチアップでヘビーなオフローダーイメージに仕上げた!

デリカ専門ショップとして、長年に渡りキャリアを積み重ねて来たオートフラッグス。独特のフロントマスクが話題の新型D:5についても、いち早くデモカーを導入。これまで培って来たノウハウをフルに活かした、個性豊かな車作りが行われている。

ダイナミックシールドフェイスの新型デリカD:5についても、オートフラッグスではエクステリアや機能面など、モディファイメニューの開発を着々と進めてきた。

ここで紹介するのは、大胆に攻め込んだ仕上がりを見せているデモカー。何と言っても目を引くのが、D:5が持つ国産ミニバン勢の中で唯一無二のワイルドなキャラクターを引き立てる4インチアップスタイル。ブラケット類はハートランドの先代D:5用ユニットをベースにオートフラッグス独自の技術を投入。ご覧の通り非の打ち所の無いマッチングを見せている。

オリジナルパーツ多数のデモカー詳細はこちら

迫力のオーバーフェンダーやGOQBUTOバンパーガードなど、ポイントを絞りつつトータルバランスを最大限に磨き上げたコーディネイトセンスも、自分流のカスタマイズを進めて行く上で絶好のお手本となるはずだ。

4インチアップ+大径タイヤの採用により、フラッグス流の真骨頂とも言える堂々たる存在感をアピール。


ホイールはKMCのXD827ロックスター3。サイズは20インチで、オプションのスプリットスポーク仕様をセレクトしている。サイドウォールのホワイトレターが映えるモンスタタイヤ(265/50R20)を組み合わせた。


ベストセラーアイテム「GOQBUTO」は19型D:5用にも、もちろん設定。注目は両端の形状。デザイン的に純正フォグを遮ってしまうため、社外フォグの取り付けスペースが設けられている。


IPFのライトバーはオフローダー的な雰囲気作りに欠かせないアイテムだ。

■MITSUBISHI DELICAカスタムブック Vol.9 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING