2020.04.07

ランドクルーザープラドに強烈なインパクトを与えるリフトアップカスタム

国産輸入車を問わず様々な四駆のメンテナンス、カスタムを手がけており、オリジナルパーツ開発に勤しむ奈良県のプロショップであるブレインストーム。近年制作したアウトランダーPHEVではエアロパーツが近隣のディーラーでも採用されるなど、長年蓄積された経験と知識、そして的確な技術力には定評がある。

そのブレインストームが現行型プラドの理想形として提案するスタイルがここで紹介する車両。2.7ℓのガソリン車をベースに足回りはフロント2.5、リア2インチのリフトアップを施す一番人気のメニューを基本として仕上げられた一台だ。

派手なだけでない快適性を重視したカスタム

エクステリアではオフロード色を強めたワイルドな印象を与える自社開発の強靭な防護塗料のマッドジガーや、トルク不足の解消を狙ったスロットルスペーサー、そして純正サイレンサーを採用しつつ、左右4本出しでリアビューを逞しく演出するオリジナルステンレスマフラーなど、同社ならではのカスタマイズが施されている。

さらによりディープなリフトアップを好むユーザーには、ボディリフトを加えて35インチサイズのタイヤを無理なく履けるプランも用意している。もちろん闇雲に車高を上げるのではなく、ストローク量不足を補う処理にも抜かりはない。

ランドクルーザーをより楽しく見た目もブラッシュアップさせながら、安心快適に楽しめる仕立ての良さ。これこそが、ブレインストームの真骨頂といえる。



プラドのカスタマイズのトレンドは285や33インチへのサイズアップが主流となっており、無理のないリフトアップ量の中でいかにインパクトを高めていくかが腕の見せ所。

若干前下がりに見えるプラドのサイドフォルムではあるが、フロント2.5、リア2インチの異なる上げ幅で水平なフォルムへ補正。

日本のみならず海外のオフロードシーンでも近年人気急上昇中のARBバンパーを装着し、アグレッシブなフロント回りへと変貌を遂げている。



ザラザラとした質感と強靭さを印象付けるオリジナル塗料「マッドジガー」をグリルやリア回りに施工。オフロード感を強く印象付けるARBバンパーとの相乗効果を狙った効果的なカスタマイズとなっている。

今回の撮影車両ではタイヤサイズは33インチ履きとなるが、ボディリフトを加えれば35インチ履きにも対応する。タイヤサイズを35インチ、さらには37インチへとステップアップする際に有効なボディリフトキット。フレームとボディの間にこれを装着することで現状の足回りを生かしつつリーズナブルにリフトアップできる。



オーバルデザインのデュアルマフラーを両サイドにレイアウトしたオリジナルステンレスマフラーで音質は非常にジェントル。スペアタイヤに干渉せずに装着できるところや、燃料パイプへのダメージを防ぐ熱遮板まで用意されている。



主に40㎞~50㎞/h時における街乗りにおいて、中低速域のトルク不足を補ってくれるスロットルスペーサー。タイヤ外径アップに伴うパワー不足を解消してくれる。


ブレインストーム
http://www.brainstorm.jp
☎0742-50-6788

■LAND CRUISER CUSTOM BOOK 2020 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING