2020.04.01

ランドクルーザーにもっとステキに乗るためのリノベーションとは?

[Renoca] LAND CRUISER 106

創業から50余年。新車・中古車を取り扱うカーディーラーでありながら、ランドクルーザーをはじめとする4WDカスタム・コンプリートカーにいち早く着手。総合カーショップとして、特に日本のランクルのカスタマイズをけん引してきた「FLEX(フレックス)」。その動向をうかがえば、おのずと今後のランクルカスタムのトレンドが見えてくる。

世界累計販売台数1000万台達成という快挙を成し遂げたことが大きな話題となった「ランドクルーザー」。トヨタのラインアップにおいて最長の歴史を持つクルマだが、これは単に歴史が長いだけでなく、世界中で愛されているということをしっかりと証明した。しかも、始祖たる40系から現行型の200系(さらにプラドシリーズ)までそのすべてが世界中で、今も現役で活躍しているのである。

ハイセンスなランクルカスタムを見る

ランクルが進化していく中で、ランクルにおけるカスタマイズも発展した。中でもランクル・カスタムに最も真摯に向き合ってきたのが、創業50周年を超えてなお挑戦し続ける専門店、FLEX(フレックス)だ。ランクルを中心とした4WD・SUV、そしてハイエースなどの新車・中古車の取り扱い、さらにカスタム・コンプリートの販売ショップとして発展し、全国約50店舗の大部分を占めるランクル取り扱い拠点を持つ。グループ全体のランクルの在庫は間違いなく日本一、いや世界一か。フレックスはニッポンのランクル文化をけん引してきた老舗にしてトップランナーなのだ。



そんなフレックスのランクル販売のポイントは、早くから「ランクル専門店」として展開してきたこと。老舗だからこそノウハウは多いし、全国的なネットワークのおかげで情報も在庫も数多いことだ。

日本全国にランクルの魅力を伝える専門店という強みを持つフレックス。まさに「すべてのランドクルーザーがフレックスなら揃う!」と言っても過言ではない。在庫の豊富さに加え、フレックスのもうひとつの魅力は、“カスタマイズされたランクルが販売車の主力”であること。それは新車のカスタムコンプリートから、中古車のリノベーション、ファンから羨望の眼差しを受けられるハイエンドスタイルなど、多岐に渡る。

■ 4WD SUV パーツガイド 2021年版 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING