2020.02.09

国内正規モデルAMG G63で「本物の」BRABUS 800を造って見せた?!

本国のみでリリースされているBRABUS 800 WIDESTAR。日本で乗るなら並行輸入となるのが通例である。しかしこの車両はG63 AMGの国内ディーラーモデルがベース。

しかも単にBRABUS 800 WIDESTARルックとして製作したのではなく、本国BRABUS社へタービンを送って800馬力にチューニングしてもらった正真正銘のBRABUS 800と言えるものとして仕上げたものだ。シートのヘッドレストには本国の正式な刺繍が、さらにBRABUS社がコンプリートカーとして認定した証であるヘッドカバーも入ったホンモノなのである。

細部までBRABUS 800そのものと言える仕上がりを見よ!

日本仕様のディーラー車がベースなので日本仕様のナビはそのままに、オリジナルダウンスプリングで25㎜のローダウンを施すアレンジは加えつつも、ワイドボディ、エアロ、ホイールにマフラー、リアウイングにルーフのLEDまでその全てが本国モデルと遜色のない仕上げ。

これを製作したボンドショップの、不可能と思われることでも実現する姿勢は多くのユーザーから称賛され、厚い支持を得ている。

WIDESTAR独特のワイドフォルムを一層引きたてる25㎜のローダウン、そして11Jのボトムス。ブラックプラチナムエディションによる黒の統一感も秀逸。



BRABUS社がコンプリートカーとして認定した証としてエンジンルームのヘッドカバーにもBRABUSのプレートがあしらわれている。日本のディーラーモデルとしては唯一無二のものである。



100㎜拡幅するワイドボディによる圧巻のフォルム造形美はグロスブラックの塗り分けで存在感を主張。それに負けず劣らずのインパクトを誇るカーボンエアドームボンネット、そしてフロントグリル。本国のBRABUS 800 WIDESTARではオプションとなる23インチの軽量で強靭な鍛造ホイールモノブロックSも装備済みで、iidオリジナルの25㎜ローダウンまで施す。



このブラバスコンプリートはボンドグループである埼玉のボンドボディにて施工。1㎜の狂いも辞さないフィッティングで本国のBRABUS 800 WIDESTARと何ら遜色のない一台へとフルコンバート。もはやエクステリアだけを見るとベースがディーラーモデルであることが分からないほど高い完成度を誇っている。

23インチモノブロックSはブラックプラチナムエディションの特別仕様。漆黒のワイドボディに見合うように11Jで履きこなしている点にも注目。



インテリアはG63AMGがベースながらヘッドレストを本国へ送って、BRABUS社に刺繍を依頼するなど、リアルへの徹底な追求は妥協がない。



インテリアまで徹底したBRABUSコンプリートとなっており、フットペダル、ブレーキはもちろんエントランスまで全てをBRABUSで統一している。



関西圏のマリンレジャーアイランド「淡路島」を舞台に、滅多にお目にかかることができない水上のBRABUSと、日本のディーラーモデルベースの正真正銘BRABUS 800 WIDESTARを所有するオーナーの粋な計らいを受けて、夢のコラボレーションが実現した。



bond shop Osaka ボンドショップ大阪
☎06-6972-9977
http://www.hosokawa.co.jp

G-CLASS PERFECT BOOK VOL.4 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING