2019.12.31

ジムニーでオンもオフも爽快に駆け抜ける快走カスタマイズ!

トライアングルなどクロカン系の競技にも積極的に参戦するスプリングロード。日本各地で開催される競技に参戦するには一般道での走安性は不可欠。そのうえで競技でも勝利を狙えるクルマ作りも可能とする哲学を新型ジムニーにも注入している。

こだわりのサスペンションはオリジナルの2インチアップのコイルとタニグチ製ダンパーに交換。スプリングはやや硬めに作ったというが実際に乗ると腰がしっかりしており、むしろ乗り心地がいいくらい。これはダンパーとのマッチングにも関係しておりダイヤルにより好みの減衰力に簡単に調整できるからだ。

すべての写真(全19枚)を見る

アームは純正だがリーディングアームはボディ側にダウンブラケットを装着しキャスター角を補正。同時にアライメントも調整することで自然なステアフィールやピッチングの挙動、特に車高アップ車に起こるブレーキングの大きなスクワットを減少させて不安感のないドライブフィールを作り上げているのだ。



いっぽうエンジンにはトライフォース製ターボパイプやスロットルチャンバーでアクセルオンでのツキの悪さを解消。さらにTDIチューニングを装着することで出力特性の味付けも行なう。またタイヤの大径化などエンジン負荷の増大に合わせてトラスト製のオイルクーラーも装備するなどバランスの取れたセッティングを行なっているのだ。

■JIMNY CUSTOM BOOK VOL.8 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING