2019.12.31

ジムニーJB64のロールやピッチを抑えることにこだわった足回り

齋藤オートサービスの代表である齋藤氏は、かつて自身の手でレーシングマシンを作り、モンゴルラリーやアジアンラリーなどの海外ラリーレイドにチャレンジしてきた。現在はトライアングルに出場する選手をサポートするなど名チューナーとして腕を振るっている。

そんな齋藤代表だが、今回のJB64のデモカーはあえて見た目をノーマル然としたスタイルに仕上げた。その理由について「普通の林道ならそう簡単にボディを凹ますことはないよ。見た目のバランスが良いし、このままで十分カッコイイでしょ。何よりリーズナブルに済むからね!」と齋藤氏は語る。こだわりの部分は乗り心地だという。

すべての写真(全18枚)を見る

「ノーマルの乗り心地はソフトで良いんだけど、車線変更やカーブでのロールが大きくて不快だよね。前後のピッチングも気になる部分。だからその不満を解消するため2インチアップのオリジナルコイルスプリングを開発したんだ。競技向けではなく、あくまで街中での乗り心地を最優先。普通の林道も快適に走るよ。実はショックはモンローマグナムを組み合わせているけど、正直納得できなかったので仕様を変更中。間もなく完成するから、それまで待っていて欲しいな」。



またトランスミッションは4ATのため、電子スロットルと合わせてレスポンスが良くない。そこでスロットルチャンバーとオリジナルステンレスマフラーでファインチューン。誰でも体感できるレベルでスムーズな加速を実現しているとのことだ。

■JIMNY CUSTOM BOOK VOL.8 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING