2019.12.30

ジムニーシエラに大人としてのセンスを注ぎ込んだカスタムモデル

ジムニーのカスタムに関わるほぼ全てのショップはJB64のパーツ開発からスタートし、それがシエラに使えるかを考える。しかしクロスJではシエラを軸に開発に着手した。理由は明確。シエラがかっこいいからだ。

そうして作られたシエラ専用サスペンションは2インチアップというほどよい車高。走行性能はオンロードでの快適性を重視したややソフトなバネレートのスプリングにしっかりとしたドライブフィールを作る減衰力のダンパー。ただし不等レートのスプリングは悪路で+αのストロークとトラクションを発生させるから、標準装備のトラクションコントロールとも相まってオフロードでも楽しめそうだ。



合わせたタイヤはBFグッドリッチのKM3。サイズは225/75R16。このタイヤに合わせるのはシャープなスポークのレイズ57JV。シエラはオーバーフェンダーが黒いので存在感のありすぎるアルミだと足もとが重くなる。そこでスポーティなアルミホイールを組み合わせてバランスを取っているのだ。

すべての写真を見る

一方マフラーは試作品となるWテールのオリジナルマフラー。柿本改製なので性能アップは当然、車検にも対応する。さらにチタンカラーのテールでリアのドレスアップにもなるのだ。

あくまでもシンプルなカスタムメニューだ。しかしその走り、性能ともに抜群のレベルにあることはひしひしと感じ取れる。大人がシックな装いでおしゃれに乗れる、そんなカスタムだ。

■JIMNY CUSTOM BOOK VOL.8 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING