2019.12.30

ジムニーJB64でクロカンスタイルを貫くハードコア仕様が完成!

1964年に創業した整備工場の「秋山自動車」をルーツに持つスージースポーツ。これまで数々のカスタムジムニーを製作してきた実績があり、現在もひと回り大きなタイヤ&ホイールを装着したNEO‐01(JB64)とJS‐01(JB74)、そして40㎜アップを施したNEO‐02(JB64)という3種類の新車コンプリートを用意している。



ここで紹介するJB64は、NEO‐02の40㎜アップキットを装着し、素性の良さをグレードアップしたモデル。足回りは、オフロードの走破性に加え、オンロードの乗り心地も考慮したもの。ダンパーは14段の減衰力調整機能付きを、アップコイルスプリングは信頼性の高い国内製を採用した。また車高を上げたことで発生するキャスター角のズレは、フロントアームのブッシュの変更で対応。ホーシングのズレは、調整式ラテラルロッド(ステンレス製)を入れることで対応している。加えて、ブレーキホースをロングタイプに、プロペラシャフトとメンバーの干渉は、ダウンブラケットで防いでいる。

すべての写真(全11枚)を見る

エクステリアでは、極太チューブバンパーを前後にセット。スキッドプレートは幅と厚みを持たせたものとなる。サイドは225サイズのタイヤもカバーするFRP製オーバーフェンダーを装着した。JB64にはまだまだ少ない、オフロード指向のデザインを採用している。大径タイヤを選択したことによる加速不足は、レスポンスリングでエンジンに送りこむ空気の流速をたかめて、サブコンで出力をコントロール。さらに中低速のトルクアップのためオリジナルのオールステンレスマフラーで排気効率を高めた。

こうしてスージースポーツらしい走らせて気持ち良いジムニーが完成した。



JB64&JB74のメーターフードにジャストフィットするトレイ。小物入れとして、スマートフォンをナビゲーションとして使う際に便利なスマホスタンド付が付いている。一度使うと手放せなくなる便利なアイテムだ。

■JIMNY CUSTOM BOOK VOL.8 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING