2019.12.20

2月~3月の新車大幅値引きを目指すなら今から準備を進めよう!

「国産乗用車の今のトレンドは?」と聞かれたら、答えは一択「スモールカー」である。最多の車種バリエーションを誇るトヨタで販売台数の多い筆頭というと、コンパクトなエクストラハイルーフワゴンであるルーミーとタンク(の合計)である。他メーカーも含めて販売台数でこれを超えるものといえば、ホンダの軽自動車Nシリーズおよびダイハツの軽自動車タントシリーズしかないのが現状。これらすべてがスモールカーである。

そんな中、ホンダのコンパクトカーとして高い人気を誇ってきたフィットのモデルチェンジが発表され、トヨタグループの新型スモールSUVとしてトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキーが発売されて好評のうちに販売台数を伸ばしており、さらにスズキからも人気軽自動車ハスラーのモデルチェンジが正式発表されようとしている。

そしてこれらのすべてを巻頭カラーページで詳細に解説した月刊誌「ザ・マイカー」の最新号2020年2月号が本日発売になった。

特集は「国産全車の魅力のポイント」。各車種の最大のセールスポイントおよび高評価を得ているポイントを「魅力のポイント」として車種ごとに3項目ずつピックアップして分かりやすく解説。愛車にするべき国産車を決める際のヒントとして活用できる。

年が明けると間もなく、新車の値引き額が1年で一番大きくなる2~3月の決算期セールの時期になる。最大の成果をあげるには、今から準備してスケジュールなども確認しておくことが必要。ザ・マイカーの今月号は、そのために役立つガイド記事も満載の一冊となっている。

今月号の目次はこちら
https://automobilesjapan.com/magazines/detail/59

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING