2019.12.06

4WDファンミーティングに加えてアメリカ取材の最前線レポートも掲載

700台を超える4WD&SUVが全国から集結したイベント「4WDファンミーティング2019」は、ノーマルもカスタムも、国産車も輸入車も、一般の市販車ではなかったはずのクルマも含め、さまざまな形のさまざまな車種が一堂に会したイベントとして、2019年の記憶に残るニュースのひとつとなった。

その「4WDファンミーティング2019」のレポートを42ページに渡る大特集として展開したレッツゴー4WDの2020年1月号が発売された。

月刊誌「レッツゴー4WD」と日本四輪駆動車用品協会(JAFEA)東日本支部による共同主催として行なわれた同イベントには、北は盛岡から西は福岡まで、50社にもおよぶパーツメーカー&プロショップが軒を連ね、それぞれ最新の素材を披露することで参加者たちを大いに楽しませてくれた。会場内はまさしく4WD&SUVの最先端がすべて見られる見本市と化した。

レッツゴー4WDの最新号は、会場に足を運んでいただいたみなさんには当日の思い出を提供し、ご来場いただけなかった方々には会場で披露された最新デモカー&最新アイテムの数々を誌面の許す限り掲載することにより、貴重な最新情報を共有していただきたいという、どなたにもお楽しみいただける誌面になっている。

もちろん今月号の誌面は「4WDファンミーティング2019」だけでなく、アメリカ国内で行なわれる世界最大規模のカスタムカーショー「SEMA SHOW 2019」を現地取材して分かったSUVとピックアップトラックの流行事情や、日本国内開催の各地イベント、完成したばかりの最新デモカーなど、ドンドン進化していく4WD&SUVの今を感じていただけるネタを満載。

ぜひ本誌をお手に取って、4WD&SUVの素晴らしさの一端に触れてみてほしい。

今月号の目次はこちら
https://automobilesjapan.com/magazines/detail/57

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING