2019.11.29

デリカD:5向けにあらゆるパーツをリリースし続けるロードハウス

大胆なフロントマスクチェンジが大きな話題となった新型デリカD:5だが、すでに街で見かける機会もかなり増えてきて、完全に定着した感がある。

スターワゴンがまだ新車で販売されていた頃からデリカのカスタマイズを手がけてきたロードハウスだが、デリカ界ではD:5で一気にブレイクした感があり、オリジナリティのあるリヤラダーやルーフラックはひと目見ただけでロードハウスの製品だと分かるほどで、多くのユーザーに支持されている。ここでは、ロードハウスらしさ全開の2台のデモカー、最新型とフロントマスク変更前の型の両方を紹介する。



まずはミニバンテイストを強めた新型のデモカーだが、4WDのプロショップとしては、やはり四駆らしいスタイルを強調したい。そこでフロント回りに集中的に手を加えてアグレッシブなイメージを強調している。その内容はフェイスマスクやバンパーカバー、ランプブラケットなどだが、なかでも特徴的なアイテムがアクティブランプパネルだ。新型のエッジをより際立たせながら、LEDデイライトを点灯させることでノーマルとは異なる個性を見事に演出している。

足回りはハートランドのキットに、ロードハウスの車高調を組み合わせて、リフトアップを行ないながら高い安定性も実現。またAR4のオーバーフェンダーを追加したことで、ホワイトレターが絶大な人気のBFグッドリッチのA/T KO2タイヤ(265/70R16)へサイズアップした。またルーフラックやリアラダーを追加し、またアクセントのカラーのオレンジとも相まって、まさにアクティブな道具感を演出する。



対する前期型は、リフトアップしつつもスポーティ性を強調。これまでオレンジの差し色を多用してきたが、リアラダーやトレイルヒッチのプレートにはレーシーなカーボン転写を実施。リフトアップ量は合計5インチ。さらにタイヤサイズを255としたこともあり、四駆らしさゴツさより、マルチランナー的なカスタムとしている。

このように続々とNEWアイテムが投入される新型だけでなく従来型D:5用パーツのリリースもロードハウスでは続けている。ロードハウスのD:5カスタムに対する飽くなき挑戦に終わりはなさそうだ。

※本文掲載以外の写真(全26枚)は画像ギャラリーをご覧ください。

ROADHOUSE ロードハウス
☎048-963-7600
http://www.roadhouse.co.jp

■レッツゴー4WD 2019年12月号 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING