2019.11.22

テスラ・サイバートラック/驚愕スタイルのピックアップトラック

アメリカの電気自動車メーカー「テスラ」が、驚愕の新型車を発表した。まずは写真を見ていただきたい(画像ギャラリーに全11枚掲載)のだが「サイバートラック」と名付けられたこの新型車、これがオモチャや映画に出てくるだけのクルマではなく、まぎれもない市販車だというのである。実際に公式サイトでは、すでにデポジットを支払えば注文できるようになっている。

全身ステンレスボディと超硬質ガラスに覆われており、乗員の安全性は随一の性能を持つという。発表セレモニーではハンマーでドアパネルをたたいて見せるというパフォーマンスが行なわれたが、傷はまったく付いていないように見えた。ただし窓ガラスに鉄球を投げつけた際にはヒビが入り、これは想定外のアクシデントだった模様。



テスラのクルマなので、サイバートラックももちろんフルEV=電気自動車。内燃機関は無く、フロア下に収められたバッテリーを動力源とした電動モーターにより駆動される。搭載される駆動モーターの数によってバリエーションがあり、1つのモーターで後輪のみ駆動される「Single Motor RWD」、2つのモーターで四輪が駆動される「Dual Motor AWD」と、3つのモーターで四輪が駆動される「Tri Motor AWD」の計3種類が用意されている。

搭載モーター数により各種性能にも差があり、加速性能として時速0-60マイル加速(0-96.5km)を比べると、1モーターは6.5秒以下、2モーターは4.5秒以下、3モーターは2.9秒以下となる。また満充電での航続距離は、1モーターが250マイル以上(402km)、2モーターが300マイル以上(483km)、3モーターが500マイル以上(804km)となる。



ボディタイプは1つだけで、標準ではトノカバー付きのピックアップトラック。リアデッキの長さは6.5ft(約2m)で、国産車唯一のピックアップトラックであるハイラックス(1.565m)と比べるとかなり大きい。また、アプローチアングル35°、ディパーチャーアングル28°というスペックが公表されていることから、オフロードでの使用も意識されていることが分かる。

さらにテスラと言えば自動運転も有名だが、サイバートラックは将来的に可能となる完全自動運転にも対応し、日本では75万3000円のオプション料金でプラスできる。ただし現在はまだ完全自動運転が実現されていないので使えない。使用可能になったら他のテスラ車と同様に無線システムアップデートによりソフトウェアが更新される。

日本での価格は明らかにされていないが、アメリカ本国では1モーターが39,900ドル、2モーターが49,900ドル、3モーターが69,900ドル。日本でも今から注文は可能だが1万5000円のデポジットが必要となる。ただしこのデポジットはキャンセル時には全額返金される。購入するかどうかは製造開始が近づく2021年後半に決めればよい。3モーターの製造は2022年後半に開始の予定とされている。


TESLA テスラ
https://www.tesla.com/ja_jp/

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING