2019.11.19

JB74専用ビルシュタインキットを組み込んで走破性と快適性をアップ

オリジナルの新車コンプリートカーを提案し、その名を全国的に知られているピストンウィッツ。ピストンのサスペンションと言えば、オン/オフを問わずあらゆるシーンのポテンシャルをアップさせているのが特徴。もちろん一般道から高速まで快適な乗り味も追求しているが、その核となるのはオリジナルのスプリングとセットで開発したビルシュタインショック。

そのビルシュタイン2インチUPキットにはJB74用もラインナップ。スタイリングは2インチリフトアップしたことで、ノーマルよりも大きなタイヤサイズに変更。デモカーにはルーフラックなどを装着し、アウトドアテイストを強調している。ちなみにピストンのビルシュタインダンパーはノーマルスプリング用も用意されているので、リフトアップしなくてもルーフラックに荷物を積載する機会が多くて、ロールを抑制したいという人には効果絶大なアイテムだ。



ビルシュタインキットを組み込み、2インチのリフトアップを実施。グリルやリアラダーはアピオの製品をチョイス。ルーフラックはショウワガレージのA-xで、様々なブランドのアイテムをバランス良く組み合わせるのも、ピストンの手腕が光る部分だと言えるだろう。



2インチリフト+235タイヤの装着したことでクリアランスが拡大され、オフロード走行も安心して行える。ここまでハードなシチュエーションを走る人は少ないかもしれないが、河原などを走行する際の安心感はまるで別次元のように感じられる。



タイヤはBFグッドリッチのKM3(235/70R16)にサイズアップ。ピストンオリジナルカラーのFDX-Jを組み合わせる。リムの深さが、安定感と力強さを強調する。



新発売となった、ピストンオリジナルのビルシュタイン・ステアリングダンパー。直進性を高めてくれるので、ロングドライブなどでの疲労軽減にも繋がる。



ピストンの顔とも言うべきオリジナルパーツが、このスペアタイヤカバー。歴代モデルの型式がラインアップされており、分かる人には分かる、と言うマニア心をくすぐる製品。



グリルやフューエルリッドカバー、リヤラダーはアピオの製品を装着。新型ジムニーのスクエアなスタイルに合わせ、シャープなデザインが特徴的だ。

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING