2019.11.06

トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキーは小型SUVの決定打になるか?



ライズ/ロッキーが特徴的なのは価格設定だけではない。両車のボディサイズはまったく同じで、
全長×全幅×全高=3,995×1,695×1,620mm
となっており、全長4,700mm以下、全幅1,700mm以下、全高2,000mm以下という「5ナンバー枠」内に収まっている。

5ナンバーのSUVというのは国産車にも実はそれほど多くはなく、先に価格について検討した際にあげたライズ/ロッキーと同等か安い車種のみとなる。それらのうち、全高のみはライズ/ロッキーより高いものがあるが、全長および全幅についてはライズ/ロッキーが最大である。この全長を確保したことにより、後席の後ろの荷室はコンパクトSUVクラストップレベルの大容量である369ℓを実現、後席の背もたれを前に倒すと荷室はさらに広げることができる。

5ナンバーサイズとは、ざっくり言って、日本の狭い路地でもたいていのところは普通に通れるサイズだ。小回りがきくのである。小さければ小さいほど良いというニーズには軽自動車があるわけだが、それよりワンランク上というと、イグニス、クロスビーを除けばいきなり3ナンバーになってしまっていたのがこれまでの国産SUVのラインナップだったのである。そこに新たな選択肢としてライズ/ロッキーが現れたことになる。

 ライズ

ライズとロッキーは基本的に同じクルマだが、フロントマスクのデザインは異なり、それぞれのブランドアイデンティティが込められている。トヨタ・ライズは一見して兄貴分であるRAV4との共通性が見て取れる台形グリルが特徴。ダイハツ・ロッキーの方は軽自動車のキャスト・アクティバやコンパクトカーのブーン・シルクにも通じる横長六角形グリルだが、釣り目なデザインのヘッドランプやバンパーの造形により安定感のある力強さを獲得している。フロントマスク以外は、ボディサイトやリアエンド、インテリアに至るまで、エンブレムを除いては違いがない。

インテリアの質感の高さはトヨタ、ダイハツともに定評のあるところ。今回のライズ/ロッキーについても小型SUVとしてクラスを超えた上質感のある仕上がりだ。ダッシュボードはデザイン的にも凝ったものになっているし、操作系の使いやすさもさすがというべきもの。シートの造りもしっかりとしたもので、室内空間全体の印象としても5ナンバーサイズに収めたことによるデメリットは感じない。

 ロッキー
 ロッキー

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING