2019.11.08

今なおハンドメイドで製造されるメルセデスベンツGクラスを特集

近年の世界的な4WD&SUVブームの中で、ひときわ異彩を放つ存在となっているメルセデス・ベンツGクラス。軍用車両をルーツに持ち、ゲレンデバーゲンという車名で市販が開始された1979年から流行に迎合することなく基本的な設計思想を変えず今に至ります。とはいえ数々のアップデートは行なわれてきており、「あらゆる場所を安全、快適に」というメルセデス・ベンツとしての哲学が最新モデルに至るまで貫かれています。そうしたバックボーンとそれに裏打ちされたスタイリングを持つGクラスが支持されるのは決して不思議なことではありません。

今回のジャーマンカーズでは、そんなメルセデス・ベンツGクラスの特集を展開します。最新モデルW463Aの詳細はもちろん、従来モデルも含めたカスタマイズの最新トレンドやメンテナンスの詳細など、Gクラスと付き合っていくうえで知っておきたいことを網羅しました。

特集以外では、いつも好評をいただいている「ジャーマンカーズ・キャラバン」は東三河ふるさと公園での開催分を掲載。さらにドイツ車メンテナンスの最新トピック、お悩み相談室Q&A14本に加えてプロのメカニックとのコミュニケーションを円滑に進めるための専門用語解説など、本誌ジャーマンカーズならではの企画を満載でお届けします。

今月号の目次はこちら
https://automobilesjapan.com/magazines/detail/53

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING