2019.11.03

キャンピングカーの楽しさをもっと手軽に愛車にプラスする

本気で遊ぶ大人のためのカスタムコンプリートカー

愛知県一宮市に本拠を構える西尾張三菱自動車販売は、三菱自動車の正規販売店である一方、独自展開としてデリカのカスタムを提案する。そのテーマはズバリ「車中泊」だ。

象徴的なカスタムパーツは、やはりポップアップルーフ「D:POP(ディーポップ)」だ。これは同社が開発したオリジナルパーツであり、他社にOEM供給もしているもの。ダンパーが備わり女性でも開閉が簡単なうえ、展開時の安心感も高い。解放すればルーフに1800×1160ミリ(オプションで拡大可能)の空間が出現し、3面ワイドのパノラマビューなベッドルームを作り出せる。虫の侵入を防ぐメッシュ生地、就寝時の遮光断熱生地、そしてもちろん全解放もできる。さらに、収納時はコンパクトになるよう設計されており、普段使いへの支障はほぼ無い。




さらに、新型には純正での設定がなくなったサブバッテリーシステムも設定している。今どきの車中泊はさまざまな便利グッズも使用したいもの。冷蔵庫など電気を必要とする装置であっても、気兼ねなく使用できるというのは嬉しいポイントだ。

こうしたオリジナルのパーツ開発を実現している西尾張三菱自動車だが、その強みは、母体が地域で多彩なディーラーネットワークを展開している自動車販売グループ企業だという点にある。自社で板金塗装も可能な大きな工場を持ち、そのリソースを使って多彩なオリジナルパーツを開発できる。そして、正規販売店としての高いモラルや誠実さが安心感に繋がる。

デリカD:5の新車を購入する時にD:POP搭載モデルを注文すれば、納車されてすぐに快適な車中泊が楽しめるというわけだ。

ポップアップルーフ仕様「ディーポップ」の開閉は車内から操作可能。留め具を外して上に押すだけでポップアップルーフが開く。ルーフを支えるダンパーや金具は堅牢な作りになっており、安心して使い続けることができる。テント内部は開放的な3ウェイ構造になっているため、広々としたパノラマビューを堪能できる。虫の侵入を防ぐメッシュ生地に加えて、断熱素材の遮光生地も備わっている。閉じた状態での車高は2メートルであり、一般的な自走式立体駐車場、地下駐車場の利用を阻害しない。






■MITSUBISHI DELICA カスタムブック VOL.9 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING