2019.11.02

「モンスタージャム」はホントにモンスターたちの祭典だった!

本日11月2日(土)、埼玉県所沢市のメットライフドームで「MONSTER JAM® 2019 IN JAPAN」が開催された。車幅が3メートル以上、高さは4メートル近くもあるモンスタートラックがドーム内に特設されたコースで競技を行なうイベントで、日本では2度目、関東では初めての開催となる。明日11月3日(日)も同様に開催されるので、ご都合がつく方にはおすすめのイベントだ。

実際の競技が始まる前に、来場したファンと競技車両のドライバーとの交流会が行われ、来場者はドライバーからサインをもらったり、握手を交わしたり、一緒に写真に収まってもらったりすることができる。これは「ピットパーティ」と呼ばれ、競技の観覧とは別料金が必要になるが、競技中は観覧席からしか見られないモンスタートラックを目の前で見ることができる機会でもあり、競技車両やドライバーをより身近に感じることができるので、来場するならこちらにもぜひ参加したい。




競技が始まると、ドーム内にはモンスタートラックの排気音が爆音となって響き渡る。空腹状態だと「おなか」に響くほどの音量だ。競技用に軽量化されているとはいえ重量が5トン(普通の乗用車の2.5~3倍以上)もあるモンスタートラックなので、速さという点では舗装されたサーキットで行われるレースにはまったく及ばないが、こちらはそういうものとは全く別の、デカいトラックが駆け回り、飛び跳ね、曲芸を披露する、その迫力に圧倒される。








来場者は老若男女、カップル、お子さん連れなど様々だが、山のように大きなモンスタートラックを目の前で見ると、誰もがなぜかテンションが上がって笑顔になる不思議なイベントでもある。速さだけを競うレースイベントとは違い、来場者が各自のスマホを使って競技者の曲芸を採点して、それが勝敗に直結する競技もあり、まさにアメリカンエンターテイメントそのものと言えるイベントを体感できる貴重な機会でもある。



現在はアメリカだけでなく、世界の20以上の国で行われているイベントでもあり、こういう世界を知らない人にとっては世界観が変わる可能性もあるイベントと言えるだろう。

ひとつだけ、開催2日目に参加する場合の参考にしていただきたいのは、ピットパーティに参加する場合、競技場内の土が水を含んだ粘土状態になっていて、たとえば女性のヒールの高い靴ではかなり歩きにくくなっていること。汚れる可能性も高いので、あまりオシャレな靴を選ばないほうが良さそうだ。

明日、日曜日は夕方から雨の可能性もあるという天気予報になっているが、モンスタージャムの会場はドームの中なので、観覧に際して天候の影響はないので安心して参加できる。


「MONSTER JAM® 2019 IN JAPAN」公式サイト
https://www.monsterjam.com/ja-JP

※※ここに掲載した以外の写真(全31枚)は画像ギャラリーをご覧ください。

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING