2019.10.24

コストパフォーマンスに優れた海外パーツでハイラックスを造る!

タイで実績のあるパーツを使ってハイラックスをコーディネイトするアクセルオート。そのカスタマイズは、スタイルアップはもちろん、実用性や安全面にも気を配るなど、ハイラックスを知り尽くした同社ならではの手腕が光る。

ハイラックスとフォーチュナーをミックスさせたフォーチュラックスや東京オートサロン2018のSUV部門優秀賞を受賞したVICTOREX HILUXなど、ハイラックス・カスタムに衝撃を与えたアクセルオート。同社のデモカーの主なカスタムメニューは、車高調サスによるリフトアップ、それにあわせたタイヤ&ホイールやオーバーフェンダー装着、さらにアンダーカバーを装備し、街乗りでも映えるヘビーデューティなスタイルの構築にある。



さまざまなパーツをリーズナブルにリリースできるのは、アクセルオートが海外と強力なコネクションを持っているから。現行型ハイラックス(GUN125)は、先に海外デビュー。そこに着目し、タイTOYOTA純正品を含む、しっかりと吟味された海外製ハイラックス用パーツを取り扱うのである。タイ製品と不安を覚えるなかれ。そもそもハイラックスはトヨタのタイ工場で製造されているし、編集部でも撮影時に確認したが、海外パーツゆえのネガティブな要素は一切なかった。

ここに紹介する車両はアクセルオートで製作販売を行なうコンプリートカーの一例。主なメニューは2インチアップのサスペンションでリフトアップを行ない、トータルの車格をアップさせるためのワイドフェンダーの装着など、カスタムは多岐に渡り、独得な個性を手に入れている。

ハイラックスの機動性の高さゆえに悪路走破時のリスクとなるのが腹下のヒット。アクセルオートでは、ロックブロックのアンダープロテクションを装備し、ラジエター、エンジン、トランスミッションの3ヶ所を保護する。


走りのレベルアップにも余念がない。効率よくエンジンに空気を送り込むためにゴム製のインテークパイプをオリジナルのステンレス製に交換。シリコンホースのブルーがエンジンルームの差し色となりドレスアップ効果も得られる。マフラーも開発中だ!


フロントのコイルスプリングによる2インチアップでスタイルに変化を与え、前後のショックアブソーバーの変更で乗り心地を大幅に改善。合わせてオーバーフェンダーの装着、ジオランダーM/T(265/70R17)にレトロスタイルのディーン クロスカントリーのインストールなどで、個性的なネオレトロスタイルを手に入れている。



■HILUX CUSTOM BOOK VOL.1 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING