2019.10.11

メルセデス・ベンツ「ウニモグ」救助車両は2台で200トンを牽引する

メルセデス・ベンツのウニモグは、世界の様々なシーンでタフなオペレーションをこなすことで知られている。

オランダの首都アムステルダムを走る鉄道網は、その一部に地下を走る区間もある。M52系統は全長9.7kmのうち7.1kmが地下を走る路線となっている。

地下で車両が故障した場合、素早い救助が必要とされる。その救助車両として、これまでクレーンを装備した2017年型メルセデス・ベンツ・ウニモグU423がその任に就いていたが、このたび、最新型でバンボディのU423がもう1台新たに就役した。写真のように2台のウニモグを連結させることにより、最大で4パーセントの勾配もあるトンネル内で200トンの鉄道車両を牽引することができるという。



ウニモグU423は、5.1ℓ直4ディーゼルエンジンを搭載、最高出力231hp、最大トルク900N・m(91.8kg-m)を発揮し、車両総重量は13.8トン。これに鉄道のレール上を走行可能な装備を付けたものが任務に就いている。


メルセデス・ベンツ
https://www.mercedes-benz.com

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING