2019.10.08

「即位の礼」期間中の都内の交通規制はスゴイことになりそう

東京都内に居住または勤務されている方はすでにお気づきのことと思いますが、都内各所でお巡りさんや警察車両を目にする機会が目立って増えています。これは、天皇陛下の御即位を広く披露するための「即位の礼」が、10月22日(火)から31日(木)までの間、国の儀式として行われるためです。

この「即位の礼」の期間中となる10月22日(火)から31日(木)までは多くの外国要人が来日するため、都内各所で必要に応じて交通規制が行なわれるので注意が必要です。特に「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」と「祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)」が行なわれる予定の10月22日(火)とその翌日23日(水)には、広い範囲で通行止めを含む規制が予定されています。規制予定範囲は下の地図のように公開されています。



また、天皇皇后両陛下のパレード(祝賀御列の儀)が予定されている22日(火)の7:00~17:00には、下記地図の道路には厳しい車両乗り入れ規制が行なわれます。パレードを見るために徒歩で沿道に立ち入ることはできますが、持ち物検査を含めた警備が行なわれるほか、立ち入り禁止区域も各所に設定されます。当日が荒天の場合、パレードは26日(土)に延期になります。その場合は前日の21日(月)18:30に発表されるということです。



今年に限って22日(火)が国民の祝日になっているのはご存じのとおりですが、パレードが延期になっても祝日は延期になりません。祝日は「即位礼正殿の儀」が行なわれる日と決められていますが、こちらは宮中で行なわれるので天候による予定変更はないからです。

というように、国家的行事による交通規制ですので十分に注意しましょう。


外国要人の多数来日に伴う交通規制
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/doro/regulation/ceremony_kisei.html

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING