2019.10.03

あおり運転にも対応!ドラレコ内蔵カーナビならデンソーテン「録ナビ」

この頃流行りの「あおり運転」対策に、何は無くともドライブレコーダーというのはすでに常識。しかも昔ながらのドラレコではダメで、自車の前後を同時に録画可能なものが必要だ。

このたび発表されたデンソーテン製「ECLIPSE(イクリプス)」カーナビゲーションシステム「AVN」の「録ナビ」なら、前後同時録画のドライブレコーダー機能を内蔵している(ただしバックカメラのみ別売品が必要)ので、1台でスッキリ配置できる。今回は、ドライブレコーダー内蔵モデルの「録ナビ」AVN-D10/AVN-D10Wの他、ドライブレコーダーなしのベーシックモデルAVN-R10/AVN-R10W/AVN-P10/AVN-P10Wの計6機種について、11月上旬から順次発売すると発表された。価格はオープン価格。

デンソーテンでは前後同時録画の「録ナビ」を2016年から発売してロングセラーとなっている。今でこそ前後同時録画を売りにしたドラレコ機能付きナビが他社にもあるが、イザという時の信頼性や使いやすさなどを考えると「録ナビ」は最も有力な選択肢のひとつだ。価格の安さだけで選んだドライブレコーダーを付けていたものの、実際に事故ってみたら、事故時の映像が見られなかったとか不鮮明だったとか、そういう話はネット上にいくらでもある。



ドラレコ機能については、➀前後同時録画で、前後ともに「常時記録」「イベント記録」「手動記録」に対応、➁200万画素カメラと業界最大級の1/2.7型CMOSイメージセンサーを採用したフルHD画質に加え、「HDR(ハイダイナミックレンジ)合成技術」によって逆光による白飛びや夜間に発生する黒つぶれを防止、➂前後のカメラ以外はナビ本体に内蔵されているので、窓ガラスに貼り付けるのは小型カメラのみとなり視界もスッキリ、➃専用アプリをインストール済みのスマホなら録画データをWi-Fi接続によりボタン操作一つで転送可能、などの特徴がある。



ナビ機能については、➀ナビとオーディオの主要機能をひとつの画面にレイアウト、➁Bluetooth接続など複雑な操作もイラストなどで表記し、説明書を見なくても視覚的にわかりやすくサポート、➂毎月新たに開通した道路の情報を自動で更新する「自動地図更新」や「目的地周辺駐車場検索」もWi-Fi接続で利用可能(自動地図更新の利用期間は2022年10月末まで)、などの特徴を持つ。


DENSO TEN デンソーテン
https://www.denso-ten.com/jp/

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING