2019.09.18

試して分かった! SUV向け新タイヤ「X-AT」3つのアドバンテージ



■DUAL-SIDE BLOCK DESIGN デュアルサイドブロックデザイン
A/Tタイヤらしからぬアグレッシブなトレッドデザインを持つジオランダーX-AT。しかも、ショルダーからサイドにかけてのデザインは両サイドで異なる“デュアル・サイドブロックデザイン”を採用している。片や大きなブロックがいかにもアグレッシブな“大型ブロックタイプ”。片やラグジュアリーテイストが強くアメリカンなイメージを演出する“ラグタイプ”。どちらを表に履いても性能に変化はないので、自分の好みや愛車の仕様に合わせてどちらを選ぶか決めたい!

 大型ブロックタイプ
 ラグタイプ

■技術者からのコメント
横浜ゴム(株)タイヤ第一設計部3グループ 坂本洋佑さん

オフロードタイヤには大きく2つに分けて、A/TとM/Tがあります。それが近年ではA/Tタイヤだと「見た目がおとなしい」、一方のM/Tタイヤだと「ロードノイズが大きい」という声をよく聞くようになりました。ちょうど、その中間を担うコンセプトで開発したのが、今回のジオランダーX-ATです。見た目はアグレッシブで、走りは静か。それでいてオフロードタイヤとしての性能もきっちり確保しています。また摩耗寿命は、ジオランダーブランドのタイヤとして史上最長を実現しているところにも注目していただきたいです。


●横浜ゴム株式会社
0120-667-520(フリーダイヤル)
受付時間(平日)※祝日を除く
●9:30~12:00/14:00~17:00
URL●https://www.y-yokohama.com

■レッツゴー4WD 2019年10月号 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING