2019.09.18

試して分かった! SUV向け新タイヤ「X-AT」3つのアドバンテージ



★ON-ROAD TEST

[35×12.50R17 LT] × Jeep Wrangler JL
一般的にオフロード指向の強いサイズとされる「35×12.50R17 LT」を履いても、高速道路でのクルージングでは、しなやかな乗り心地はもちろん、ロードノイズをほとんど感じることがなかった。10プライ/3カーカス構造のLTタイヤと思えないほどの、オンロードでの高い乗用性能は評価に値する。



[35×12.50R17 LT] × Ford F-150 Raptor
ラプターにも、やはり「35×12.50R17 LT」を装着したが、こちらはフロント独立サスペンションの車両だけに、よりレスポンスの良いハンドリングを楽しめる。ちなみに試乗中には雨も降り、舗装のウェット性能も試せたのだが、そんな状況でのグリップレベルも高く、安心感があった。



[LT285/65R18] × Jeep Wrangler JL
オンロードではジープ・ラングラーJL・サハラでもテストドライブを敢行。「LT285/65R18」というサイズを履かせても、やはりパターンノイズの少なさと快適な乗り心地が実現されていた。これは、アグレッシブなドレスアップタイヤとしても推奨できる。




★OFF-ROAD CROSSCOUNTRY TEST

[LT265/70R17] × Toyota Land Cruiser Prado
トヨタ・ランドクルーザープラドにはLT265/70R17サイズを装着。35サイズよりやや小径なタイヤだが、それが逆にX-ATのトレッドデザインをよりアグレッシブに感じさせる。もちろんオフロード全般の走行においては、安定したトラクションで、各セクションを余裕で走りきってくれた!



[35×12.50R17 LT] × Jeep Wrangler JL
ガレ場の登りでは、通常のA/Tタイヤ以上に、濡れた石にまとわりつくようなグリップ感覚がある。オンロードですこぶる快適でありながら、ここまで走れるのは実にありがたい。まさに“遊べるA/Tタイヤ”と言えるだろう。




★OFF-ROAD DIRT TEST

[LT265/70R17] × Toyota Hilux
TRDラリー仕様のトヨタ・ハイラックスは、プラド同様に純正サイズ同等の「LT265/70R17」を装着したが、マッディな路面での安定感が印象だった。ハンドリングは良好だし、とくにハイスピード時の挙動の乱れが起きにくいのが好印象。X-ATはM/Tタイヤに匹敵するとさえ言えるだろう。



[35×12.50R17 LT] × Toyota Tundra
USトヨタ・タンドラでも、マッディなフラットダートの路面を走行。装着サイズは「35×12.50R17 LT」だったが、しっかりと路面を掻き、確実なトラクションを生み出す実力は、従来のA/Tタイヤをやはり大きく上回るものだ。



[35×12.50R17 LT] × Jeep Wrangler JK
今なお人気が高い先代ラングラーJKアンリミテッドにもX-ATをフィッティング。「35×12.50R17 LT」の装着でアグレッシブなスタイルを実現しながら、オフロードで高いパフォーマンスを披露した。オールラウンダー仕様のラングラーに対して、まさにベストチョイスタイヤになりそうな気配が感じられるコンビネーションだ。



■レッツゴー4WD 2019年10月号 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING