2019.08.29

哀川翔とFLEX合同チーム「アジアXCラリー」でクラス2位獲得に喜びのコメント

哀川翔とFLEXによる合同レーシングチームが「第24回 サン・クロレラ アジアクロスカントリーラリー2019」に参戦してクラス2位の成績を収めたことはすでに本サイトで第一報をお送りした。このたび同チームから喜びのコメントが届いたので、新たに届いた現地での写真とともにご覧いただくことにする。

以下、チーム「FLEX SHOW AIKAWA Racing With TOYO TIRES」からのコメントである。

俳優 哀川翔とフレックス株式会社との合同レーシングチーム「FLEX SHOW AIKAWA Racing」は、アジアクロスカントリーラリー2019(8月10日~16日)にTOYO TIRE株式会社様をメインスポンサーとした「FLEX SHOW AIKAWA Racing With TOYO TIRES」として参戦。哀川翔が監督としてステアリングを託したD1チャンピオンの川畑真人が駆るランドクルーザープラド ラリースペックは激闘の2,200kmを走り抜け、見事T1-Gクラス2位を獲得致しました。

今年のアジアクロスカントリーラリーは、タイ王国のリゾートパタヤをスタートし、初上陸となるミャンマー連邦共和国の首都ネピドーを目指す過酷なアドベンチャーレース。LEG6まで2,200kmに及ぶ長いステージでは、途中コースの一部キャンセルやLEG4全セクションキャンセルなど天候や路面の状態に左右されたハードな道程となりました。

様々な逆境に打ち勝てたのは、哀川翔監督の熱意と川畑選手のレースに対する執念と忍耐。そして、これほどタフなコンディションにおいて、ビード落ち、バーストともに無縁だったのは「OPEN COUNTRY M/T」の驚くべき性能があっての事でした。

もちろん、オフィシャルパートナー様からの多大なバックアップがなければこの好成績を成し遂げることは出来ませんでした。また、チームメカニックとして不眠不休で作業してくれた中央自動車大学校の生徒達には感謝しかありません。LEG5にてゴール後エンジンブローしたプラド、夜を徹した作業の末、エンジンが再起動したのはLEG6スタート5分前というドラマもありました。

フレックス株式会社は、これらの貴重な体験を活かし、お客様に夢を与えていきたいと考えます。

私達はこれからも走り続けます。


★FLEX SHOW AIKAWA Racing With TOYO TIRES
監督:哀川翔 ドライバー:川畑真人 コドライバー:深野昌之
FLEXイベント情報 https://www.flexnet.co.jp/useful/event/post-27546
SHOW AIKAWA Racing公式サイト http://www.magicaltv.net/flex_racing/