2019.07.24

待望の梅雨明け! 車内熱中症に注意

本日、九州、四国、近畿、北陸で梅雨明けとなりました。ウレシイお知らせであると同時に、これから暑さ本番の季節を迎えることになります。そんな中、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)では車内熱中症事故への注意を呼びかけている。

JAFによると、昨年8月の1か月間(2018年8月1日~31日)にJAFが出動した「キー閉じこみ」の救援のうち、子どもが車内に残されたままだったケースは全国で246件あり、そのうち、緊急性が高いと判断し、通常の開錠作業ではなくドアガラスを割るなどしたケースも8件あったという。

その場で事情を聴いた中で、原因は「子どもが誤ってロックを操作した」というものが多く、“あやすためにリモコンキーを子どもに持たせていたら、ロックボタンを押してしまった”というものもあった。

JAFが実施した車内温度の検証テストによると、気温35℃の炎天下に駐車した車内は、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルに達したという。また車を日陰に駐車していたとしても、炎天下の車内との温度差はわずか7℃ほどで、駐車場所に関わらず外気温が高温である場合は注意が必要としている。

特に乳幼児は体温調節機能が未発達のため注意が必要で、「少しの時間だから」「寝ているから」といって車内に子どもを残したまま車を離れることは事故につながる。また、加齢に伴い高齢者は体温調節機能が低下するため注意が必要。ペットなども車内に残して車を離れることは決してしないよう、JAFでは強く注意を呼びかけている。

★参考動画
炎天下の車内温度、対策はできる?【JAFユーザーテスト】
https://www.youtube.com/watch?v=27Ej-ZUWvUU

「日なた」と「日陰」の車内温度
https://www.youtube.com/watch?v=0KiUCm-1B6k

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING