2019.07.22

メルセデス・ベンツ初のFFセダン

Mercedes-Benz A Class Sedan


国内でも先にハッチバックが発売されていた第四世代となるメルセデス・ベンツのAクラスだが、このたび4ドアセダンが追加設定され、予約注文の受付が開始された。納車は、1.4ℓ直4ターボの「A180セダン」は年末ごろに、2.0ℓ直4ターボの「A250 4MATICセダン」は9月ごろになる予定。

Aクラスはメルセデス・ベンツでは最小サイズの車種で、これまではハッチバックのみだったが、今回初めて4ドアセダンが設定された。上位車種となるBクラスはハッチバックのみであり、今回のAクラスのセダンはメルセデス・ベンツとしては最初で現在唯一の前輪駆動ベースの4ドアセダンとなる。

価格は、
「A180セダン」が344万円、
「A180 Styleセダン」が386万円、
「A250 4MATICセダン」が476万円、
「A250 4MATICセダン Edition1」が582万円(いずれも10%税込)。
「Edition1」は今回の発売を記念した特別仕様車である。

ワイド&ロー、かつスポーティなスタイリングデザインと、モダンでアバンギャルドなインテリアデザインを採用。

今回のAクラスセダンにおいてメルセデス・ベンツ日本が一番アピールしているのが、対話型インフォテインメントシステムMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)を搭載したこと。ユーザーが発する「Hi, Mercedes(ハイ!メルセデス)」によって起動し、自然言語認識機能の搭載により、インフォテインメントおよび車両操作関連の自然な言語を認識、理解して必要な機器をコントロールする。

インフォテインメント機能として目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報などに対応するほか、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明などの制御も可能。たとえば車内の温度を下げたい場合、「温度24度」という明確な指示をしなくても、「暑い」と言えば理解できる。

また人工知能による学習機能を持ち、誰が発した言葉なのかを理解し、それぞれに対応する能力を持っている。ユーザーの発言への対応を車載コンピューターとクラウドの両方で行ない、どちらの対応がより適切かを判断してユーザーに応答するため、ネットへの接続が無い状況でも応答が可能となっている。さらに、クラウド上のソフトウェアモデルによって新しい流行語を覚えたり、時代による言葉の用法の変化を学習して応答に生かすこともできる。

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING