2019.07.19

歴代初のミッドシップ・コルベット

2020 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY


第八世代となる新型コルベットが発表された。これまで守り続けてきたFRレイアウトを捨ててミッドシップレイアウトを採用したのが最大のニュースだ。標準モデルの搭載エンジンは6.2ℓV8・OHVのLT2で、最高出力495hp、最大トルク65.0kg-mを発揮する。アメリカ本国での価格は、もっともベーシックな仕様が6万ドルを切るものになるという。



今回ミッドシップレイアウトを採用したのは、これまでのフロントエンジンレイアウトではこれ以上のパフォーマンスを望むのが困難になったからだと説明された。ミッドシップレイアウトを採用したことにより、以下のメリットが生まれた。
・重量配分が改善され、直線およびロードコースサーキットでのパフォーマンスがさらに高まった。
・ドライビングポジションが前に寄って運転者が前輪軸に近くなったことにより、応答の俊敏な感覚を含む運転感覚が向上した。
・ステアリングシステムがコンパクトになるので、操舵感がよりダイレクトなものになる。
・Z51パフォーマンスパッケージを装着すると、0-60マイル加速が3秒以内に可能になる。
・フロントのエンジンが無くなって、フード、インパネ、ステアリングホイールなどすべてを低い位置に設計することができ、前方視界が大きく改善した。
・前後にトランクルームを設けて、ゴルフバッグ2セットを含め、2人乗りとしては十分な荷室が確保できた。
・走行中のクルマの重心が運転者の腰のあたりにあるので、クルマ全体が運転者を中心として動くことになり、クルマと運転者の一体感も向上する。

スタイリング全体のシルエットとしてはミッドシップであることが分かるが、同時に、これがまぎれもなくコルベットであることも明確にアピールしている。リアエンジンの存在は、リアハッチに設けられた大きな窓越しに外から確認することができる。そのリアハッチには7つの排気口も設けられている。スタイリングデザインは、米空軍の戦闘機であるF22やF35、それにF1レースマシンなどのディテールからヒントを得た部分も多いという。

エクステリアのポイントは
・薄型のヘッドランプはプロジェクタータイプで、周囲はLEDバーで囲まれている。
・ドアやリアハッチのリリースボタンは隠されており、特徴的なディテールデザインを崩さないよう配慮されている。
・ボディサイドの大型エアインテークを始めとしたエアロデザイン。
・標準の4本出しマフラー。
・ルーフパネルを取り外して、いわゆるタルガトップスタイルにすることが可能。取り外したルーフパネルはリアトランクスペースに収納可能。

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING