2019.07.18

進化した安全装備を全タイプに標準装備

ホンダの軽自動車「Nワゴン」「Nワゴンカスタム」がフルモデルチェンジ、第二世代となって登場した。発売は8月9日から。価格は、Nワゴンが1,274,400~1,556,280円、Nワゴンカスタムが1,512,000~1,793,880円(いずれも8%消費税込)。全グレードにFFと4WDが用意されており、エンジンは660ccDOHCと同ターボ、トランスミッションはCVTとなる。

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備とし、衝突軽減ブレーキ<CMBS>は、軽乗用車として初めて前方を横断中の自転車にも対応した。ホンダセンシングとは、「ミリ波レーダー」と「単眼カメラ」で周囲の状況をつねに認識しながら、安全・快適な運転や事故回避を支援する安全運転支援システムのこと。なお、ホンダセンシングはノンターボ車において、あえて装着しない仕様を選ぶことも可能。

また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化しており、ホンダの社内試験では5km/hで歩く横断歩行者に対して自車速度30-50km/hで衝突回避が可能であることが確認されているという。



燃料タンクを前席の下に収めるHonda独創のセンタータンクレイアウトを採用することにより、毎日の運転をより心地よくする広い室内空間と使い勝手のよい荷室を可能としているのはNボックスと同じ。

テレスコピック&チルトステアリング機構を採用して、運転者の体格に合わせて最適な運転姿勢を確保できるよう配慮した。

先代モデルでも好評だった荷室のデザインは、開口部をさらに下げて重い荷物や高さのある荷物を載せやすくなり、備え付けのボードを使って棚状に上下2段に積み分けることもできるようにした。このボードは、後席の背もたれを前に倒した際にフラットな床面となるように設計されている。

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING